銀花翠葉

アニメの感想ブログです(更新は終了しました)

Archive [2011年07月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

リリィの宴  ロココな千夜一夜 ざくろとピングドラム

「おとめ妖怪ざくろ」の6巻が発売になりました。特装版付録の小冊子、内容がすこぶるナイス(総角景ちゃん可愛すぎる)なので、ファンの人はぜひ特装版を買うがよいよ。青の表紙もすごくきれい。便乗して、星野リリィさんの作品のことを少し。少し前に、この人の本をまとめて買って読んでみました。最近のものでは、・『ハレムでひとり』(ビーボーイコミックス、新装版2007年)・『夢見る古都』1巻(太田出版、2008年)・『夜に生...

夏のつれづれに

夏らしい色にしたいと思ってブログのデザインを変更しました。しかし薔薇はちょっと濃厚すぎて妖しく見えるかもしれないので(恥ずかしい)、いずれ気分で変えると思います。うちは地デジ対応にまだ時間がかかるみたいで、少しの間テレビが見られません。でもまあ、「花咲くいろは」と「ピングドラム」が何とか見られれば自分的には問題ないのです。「ピングドラム」は一話のインパクトが凄すぎたせいで、一部の奇抜な演出について...

いまさら えりか愛

(来海えりかさんの心の叫び)もも姉ナンカ大嫌イダーチョットクライ美人デすたいるガイイカラッテ イバラナイデヨーアタシダッテ頑張ッテルンダーデモもも姉ミタイニ素敵ナ人ニナレナイーウラヤマシイヨーもも姉ミタイニナリタイヨー(ハトプリ第一話から)どうでもいいけど今ごろ一年遅れでハトプリにハマっている次第です。この作品のことは、いずれ何か書きます。需要はないでしょうが…。面白すぎる。...

いざ夏の日々 「花咲くいろは」16話

喜翆荘の夏。映画撮影の件は次回で暗転しそうな気配ですが、でもこの話はちょこちょこと盛り沢山で楽しかった。蝉時雨で夏の日々、みたいな詩情あって、現実の季節ともリンクしていました。夏は、白日夢というか、夢がよく似合う。うたた寝に幻を見るとか、昔の思い出が不意に甦るとか、そういうのにふさわしい季節で、何とはない余情があるものです。アニメで描かれる夏って、ワンパターンだけど、とても好きです。若旦那の回想の...

くさぐさくさぐさ

○新アニメ一瞥。・「輪るピングドラム」一話。すごい。期待を裏切らなかった。本当にいい作品らしくて慶賀。ヨカッター。これだよ、こういうのがアニメだよ! って思う。イメージが魅力的すぎて、それを言葉にするにはもう少し時間が必要です。とりあえず輪れ輪れー。話はまだよく見えませんが。ナナリーさんみたいな妹ちゃん。変身(?)するとちょっぴりエロティックで、しかも耽美な近親愛と来た日には、一も二もなくいただき...

平岡正明三回忌

2009年7月9日未明、平岡正明死去。享年68歳。あまりに唐突な、早すぎる死だった。それからもう二年が経ち、今年で三回忌になる。私の最も尊敬したもの書きでした。戦後日本最高の文筆家。アニメのブログで平岡正明のことをいろいろ書くわけにはいきません。いつか機会を得て何か書けたら、と思っております。冥福を祈る、なんてこの人については言いたくない。化けてでもこの世に還って来て欲しいと切に思う。二〇一一年七月九日未...

七夕 「アリエッティ」について再び

(以前アリエッティの感想を書きましたが、その補足として。)「アリエッティ」の劇場パンフレットには梨木香歩氏の「小さな人たちのいる場所」という文章が掲載されていました。映画に感動した人には是非読んでもらいたい一文です。作家のものの見方や文章表現力を教えられる。とはいえパンフレットが入手できないと読みようがないかもしれません。そういうわけで、抜き書きしたものをここに載せます。全文は無理なので一部分だけ...

くさぐさ

ブログ設定を少し変更しました。書き始めてから日が浅いため、ブログの機能や使い方で、まだよく把握できていない点が多々あります。コメントやトラックバックというのもそれで、他人様からこれらのものをいただいた場合、どう対処するべきなのか、いまひとつよくわかりません。このブログ、全く誰の目にも触れていないというわけでもないようですが、どんな人が読んで下さっているのかこちらでは皆目わからないので、ちょっと不安...

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。