銀花翠葉

アニメの感想ブログです(更新は終了しました)

Entries

【合体】ごちうさ三昧(伍)+よんこま随筆(ホ)

・手抜き合体でGO!しません。
・追記しました。


gochifuku#1

「きららミラク」8月号(6月発売)



(自分用メモ)

☆「ごちうさ」5巻  8月27日発売
☆「きんモザ」7巻  9月27日発売
☆「さくらトリック」7巻  10月27日発売



(手紙が届いた)

私は10年後の未来から手紙を書いています。


来月発売のきららミラク11月号で
「幸腹グラフィティ」は最終回を迎えます
最終巻の7巻は9月27日に発売です


◎大切な作品の完結を見届けてほしい。後悔しないために。




gochifuku#2

ミラク10月号(8月発売)



◇5巻の発売が近いようなので・・・

最近の「ごちうさ」で印象深かった話を思い出しとこう・・・


◆本誌連載はこんな感じでした

2015年
8月号  千夜がリゼといっしょにマラソン特訓をする話
9月号  ラビットハウスの夏制服を新調する話
10月号 シャロと千夜が肝試しさせられる話
11月号 ココア帰省中のラビットハウスでリゼがチマメ隊をしごいたりする話
12月号 里帰りしたココアが実家のベーカリーでモカ姉といっしょに働く話

2016年
1月号  歌姫チノが爆誕して甘兎庵で謎のカラオケ大会の話
2月号  お祭りで花火大会なのにココアは宿題が終わらない話
3月号  古物市に参加して“雑貨店ラビットハウス”を開く話
4月号  チマメ隊がリゼたちの高校の見学会に行く話
5月号  ココアたちのクラスが文化祭でビアホール(風の喫茶店)を出す話
6月号  リゼ&シャロ&チマメ隊がココアたちの文化祭を見に行く話
7月号  チマメ隊が髪型を変える話
8月号  リゼ先生ありがとうの話
9月号  青山さんと凛さんとみんなで鬼ごっこする話
10月号 チノがうさぎと戯れたりグレたりにやついたりする話

※これより以前はこちらの記事を参照してください。

はたして5巻の構成はどうなるでしょうか…



お題:

ごちうさ in High School!



gochifuku#5
「きららMAX」2016年4月号


それで印象に残った話とは何かというと・・・
4月号~6月号は三号連続でごちうさには珍しい
「学園もの」展開をやっていました
それがいちばんおどろきでしたYO




4月号:チマメ隊がリゼ&シャロの高校を見学に行く話


gochifuku#6
(3巻67頁)

マヤは前々からお嬢様学校が苦手だったわけですが(上図)
でも実際に見に来てみたらすぐに馴染んでしまって
先輩のお姉様方とも仲良くなってお茶会にまで誘われる
『なんかこの学校意外と面白い』
『ねぇチノ 飛び込んでみないとわからない世界ってあるんだね』
ということで(下図)



gochifuku#7

すっかり感化されてしまった模様
無理しないでもこの学校で充分楽しくやっていけそうです


ちなみにマヤは
この高校の特待生試験を勧められてるほど優秀だったことが判明
彼女の進路はもうここで決定でしょう(?)
マヤ&メグはリゼたちの高校へ 
チノはココアたちの高校へ
それぞれ進学することに決めたようです
ゆえに
夢へGO!GO!ごきげんYO!



(回想)

以前「ミス・エメラルド」の回でもこの高校が舞台になりました
あの時も珍しい学園ものだとおもった記憶が
(4巻9話、アニメ二期10話)
伝統ある名門校ならではの珍部活動の数々と
浮世離れしてふっきれたお嬢様たちが笑わせてくれました
なつかしいので貼っとく

gochiusa5#5
(2014 年12月号)


☟被服部と吹き矢部の部長さん。どちらも一癖ありそうなキャラが立ってる
(吹き矢部の人は再登場しました。)

gochiusa5#3
gochiusa5#4



お題:

ごちうさ in High School!(続き)



5月号&6月号:ココア&千夜の高校の文化祭の話


クラスの出し物は喫茶店
千夜とココアが実行委員になってクラスを仕切る!


gochifuku#8
(2016年5月号 ※色がきれいに出ませんでした)



オクトーバーフェストもどきのなんちゃってビール祭り・・・
ビール(っぽく見えるリンゴジュース)を出すビアホール(っぽい喫茶店)を企画・・・

「社長(笑)」の千夜に「社員(笑)」のみんなが一致協力して盛り上げる!
『クラスの一体感すごかったねー』
『面白そうなクラスですね』
というわけで
このエピソードを読んでめでたく私のごちうさ観がひっくりかえりました☆



gochifuku#9

千夜とココアは変人コンビだから
学校では相当浮いているのだろうと勝手に思っていたのですが
あにはからんやみんなの人気者だったとは!
「クラスの妹!」の衝撃ははかりしれない!

なんて楽しきごちうさ学園!

というわけで
この文化祭の話は大変におもしろかったです(おもしろくて大変でした)
いっそスピンオフで「喫茶店の出ない学園版ごちうさ」を読みたくなったくらい…
(5巻のハイライトになるのはこの辺でしょうか…



※クラスメートの子もキャラが立ってます
(ここへきてみんな初登場…だとおもいますが)

・ロング茶髪で明るそうな子
・ショートで力持ちの子(大工の家に住み込み)
・ツインテの子(占いや風水に詳しそう)
・メガネの委員長
・口がωの子

あたりが目立ってる。全員名前や設定があるんだろうか?
加えて、

・バッテン髪留めの子
・カチューシャの子
・ショートボブ的な子
・ポニテっぽい子

等が確認されております。



お題:

先生は鬼軍曹!? リゼちゃんはみんなのものだから!!



こちらはかんたんに書きます。
8月号はリゼの将来の夢(というか進路)が明かされる話でした
その夢とは・・・

gochifuku#12
(2016年8月号)



(要約すると)

リゼ先生いつもありがと!
みんな先生のこと大好きだよ!
これからもすてきなやさしい先生でいてね!
みたいなそんなお話!



この回はけっこう反響が大きかったようです。(そりゃそうだ

「お姉ちゃん」の次は「先生」
これまたごちうさらしいと言うべけんや…



ちなみに、
もっと前から「先生」ブームが来ていたのを私は知らないでもないこともなくはない

gochifuku#13
gochifuku#14
(2016年2月号)



(何やってんだ自分…)

ふと冷静になって思うこと
ひとり寂しく「個人ごちうさファンクラブ」みたいな活動を続けてるけど
これ意味あるんだろうか…?
ほんとに何やってるんだろう自分…
ゆえに

というかしつこい
もう二年以上もごちうさのなかに住んでる



Q.ごちうさで好きなキャラは?
A.とくにこのキャラがというのはいません(しいていえばメグちゃん)

個人的には千夜とリゼの夫婦っぽい(?)組み合わせが気に入ってたりする
マラソン特訓の回とかもそうですが他にも…


gochifuku#15
(2015年6月号) 怪盗ラパン回

gochifuku#16
(2016年2月号) 花火回

gochifuku#17
(2016年3月号) ブロカント回

gochifuku#18
(2016年9月号) 鬼ごっこ回


というか千夜は
シャロがわりとガチでリゼ先輩Loveなのを知っていてその上で
リゼとの仲を見せつけてるようなところがある気がする
これは鬼畜といわれても仕方がない!(笑)
(さかのぼれば3巻46頁あたりからやってる)




(~そろそろ引き際~)

あとは「ごちうさ」5巻が出たら内容を確かめるのと
それから「幸腹グラフィティ」最終回を迎えるための心の準備をします

(蛇足)いまでも雑誌で毎月追いかけてるわけですが
「ごちうさ」の連載はますます面白くなっています(保証します)
まだまだ登り坂でこれからが本領発揮の作品であることは間違いない!

この先どう転がるかは予測できないので
いきなりオドロキの新展開を見せたりするかもしれません
そしたらまた記事を書きに来るかも

それまではしばしごきげんYO!ということで・・・





(追記1)

gochifuku#23
gochifuku#24
(2016年10月号)

うさぎとたわむれてころがるチノちゃんの図!



(追記2)

ごちうさは単行本化の際にけっこう直したりしている
5巻ではたとえば・・・

gochiusa4#6
(2015年9月号)
gochifuku#20
(5巻8頁)

↑カラーになっている
↓セリフがかわっている

gochifuku#21
(2015年9月号)
gochifuku#22
(5巻5頁)



(追記3)

昔見つけた異同の例
セリフがわずかに変更されている

gochiusa5#1
(2014年6月号)
gochiusa5#2
(4巻24頁)


「安心して(だいじょうぶ)私がいるから」、という包容力?癒し力?のおはなし
ここではシャロだけどモカや青山さん関連の話でも描かれた
こういうのもごちうさの端々に滲み出ているフィーリングのひとつ、のような気がします。



(完)





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

芥子

Author:芥子

最新記事

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR