FC2ブログ

銀花翠葉

アニメの感想ブログです(更新は終了しました)

Entries




日本語的に「堕天する」という言い方おかしい気もするが
おもしろいから流行ればよいとおもう(よしこ以前から流行っていたようでもある
ガァルマゲドンに好敵手が現れたことに衝撃を受けている
いな☆むしろラブライ・プのプリパラに神アイドルが降臨したことを知って戦慄した



Motto かきことばで
Sotto Voce


カタハラニヒトナキガゴトク



オトナのオシゴト的なものをスマートらしく描いて見せようとする
そういうノリがそもそも好きじゃない
警察の話もきらいチームや組織のはなしもきらい
わたしはにっぽん国のオシゴト教がだいきらい
青葉は入りたてでいろいろ慣れてなくて不安でたいへんで
上の人にもっと精神依存したりとかあってもよさそうだけど
そのへんあっさりクリアしてしれっとお仕事してるね
ものすごく適応能力たかいのか
というよりは作風のもんだいか
新社会人はストレスもプレッシャーもすごいだろうけど
体調おかしくなるだろうけど
そんなのを描かれてもたのしくないか
青葉をべたべた可愛がる先輩とかもいてよさそうだけど
そういうのもあまりないね
たよりたよられる関係性が描かれない印象
)?あまりよく見てないから気づかないか
八神さんたちだけ特別あつかいだけど
あの二人は「これ見よがしに百合を描いてる」感じが
問題があるのは会社のほうで
こんな春青してみたかった感はある



ヨハネチョキの練習したら指がつって
消しゴム落っことした
どこいった見つからない
というかまだ見つからない
という設定のようです
おもいきり後付け



見てないアニメを語ることにも意味はあるだろう





大喜びして「ヤッター!!」と叫ぶかわりに
「これにて、ヤシオリ作戦を終了する」
というふうに言わないとしゃべれないひとたちの話だ
これをストイックというか?



(××一樹さん)
ゴジラなりかけの毛糸のトカゲみたいな姿が、可愛かった…


そういえば、
初期形態の這うゴジラが驀進してくるのを見て
遠近のおかしい着ぐるみを見てるようなびみょうなムズムズ感がした


―ゴジラは
ひらひらの服を着ていましたか?


しかし攻撃されたゴジラがついに口から怪光を発射して火焔を噴射して(こわい
都心が火の海に
東京壊滅
そこまできてようやく「おそろしいもの」を見ている実感があって
やっとこさナキソウになった
自分の顔がひきつってくるのを感じた
で、まあ、そのまま映画ラストまで顔はひきつったままだったけど
ナキソウになった感情をゆっくり鎮められもしないまま
ラストまで行っちゃうから
大惨事をふりかえって被害を確かめる等の描写もそんなになくて
そこにあんまり時間はかけないで
すぐに次のフェーズへ進んでいっちゃう
全体につねにそんな感じ
いろいろなシーンを見てそのつどわきおこってくる感情を
てきせつに処理できないまま次から次へ話が進んでしまう
憑かれたような早口の猛テンポで
観客としては流露できない感情が積もりに積もっていって
エンドマークを見るころにはすっかり胃にもたれて気もち悪くなっている
そんな映画だ※すくなくとも私にとっては※
適切なやり方でカタルシスへ導いてくれる映画、ではない
もちろんそれとは反対のものだ
エバQのときもおなじことを書いた気が
この映画を見ても泣けはしないし笑えはしない





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

芥子

Author:芥子

最新記事

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR