銀花翠葉

アニメの感想ブログです(更新は終了しました)

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



(前編)

かいじゅう映画というよりは
ことば、ことば、ことばの映画であった


私としてはことばがいちばん気になる、



あふれかえるおびただしい「ことば、ことば、ことば」
しかしこれはどういう種類の「ことば」なのだろう
官僚語?軍事用語?マスコミ語?ネット語?
巨災対・矢口プラン・春と修羅
「この国の」「あの国は」
センゴはつづくよどこまでも♪
なんとでもいえ(笑ってやる

社会なり国家なりを構成する
いなむしろ社会や国家のゲンジツそのものである所の「ことば、ことば、ことば
映像もまたことば
キャラの表情・ふるまい・たたずまいを(見たくもないのに)アップで見せつける
迷惑なほど饒舌なカット、カット、カット、
「総理、決断を」脅迫するような総理大臣への直言、
その実はカメラ目線で観客にたいしての脅し&ドヤ顔、
みんな「ことばだ、ことばことば
映画の外にもことばことば
見た人がこうふんして語りだす無数のことば、ことば、ことば
映画をとり囲むあらゆる種類の「言説
フクシマフクシマというお経もきこえる
それもまた映画のいちぶをなす
おもい出すむかしのエバというアニメも
見た人に「エバ批評」という名の「ことば」を無限に垂れ流させるアニメだったことを
夢の島ならぬエバの島ができてしまうほどに
そして今またゴジラの島が海内に

ことばことばの渦の中心で台風の目のように
ゴジラそのものは一切のことばを受けつけない
ゴジラ自体は言葉にできない(どんな言葉にもならない 
GODZILLAだかゴジラだか名前を付けるしかできない
あれをサブライムと呼んでもいい
「かわいい」と呼んでもいい
どっちにしても言語化不能の「巨大な何か」として
「あらわれ」てそこに「いる」だけのもの
どうやっても語れないものとして「あり」つづけるだけ
だからこそひとがことばを喪失する恐怖から
「ことば、ことば、ことば…を生む
わらをもつかむようにどんなことばにもしがみつく
語れないもののまわりに無意味なことばが無限に増殖する構造
ゴジラもエバもシトもおなじこと
人は必死に「ことば」で「ゴジラ」を包囲する
ことば自体はバリケードを築くためのガラクタにすぎない
み終わったあとに残るのはまさしくゴジラに蹂躙されたあとの街々のような
「ことば、ことば、ことば」のガレキの山

ことばがゴミのようにあふれかえる映画にもかかわらず
映画のどの登場人物も「自分のことば」をしゃべっていない
「自分のことば」とは?
ゴジラをまのあたりに見て本当におもったこと感じたことを決して言葉にしていない
といういみ
映像としてのゴジラと台詞のことばとが
分裂しきっている
さいしょのほうでゴジラが形態変化して立ち上ったのをみて
『すごい…まるで進化だ』
とだれかが呟く台詞がある
この台詞だけがゴジラを目撃した人間のまったく「素直な」ことばのようで
(『すごい』としか口にしようがないという意味で)
この台詞だけが心にひびいた
すごいとはサブライムだ
ほかの台詞はほとんど記憶にのこらん

大喜びして「ヤッター!!」と叫ぶかわりに
『これにて、ヤシオリ作戦を終了する』
というふうにしかしゃべれないひとたちの話だ
映画のなかで口にされることばことばことばはすべて
その人物のなかから自然に出てきたことばという感じではない
どのことばも「社会的」であろうとし「専門的」であることをしいられ
TPOにしばられ、輿論をおもんばかり、自己検閲をつくした上で出てきたことばことば
すなわち「口上」
いつなんどきでも「その場で言うべき文句」しか口にされない
これらの「口上」「文句」は
ある登場人物の台詞である(いちおうそうである)と同時に
社会での位置や立場が口にさせる定型文でもあり
貼りつけられた素材、カッコでくくられた引用文、のようでもあり
それらをコピペしてコラージュする主体は作中人物ではない
というメタメッセージの匂いがただよう
あからさまなメタメッセージでもないのがコウカツ(または無責任
谷川俊太郎ではないが
どうもどうも
やあどうも
いつぞや
いろいろ
このたびはまた
まあまあひとつ
まあひとつ
そんなわけで
なにぶんよろしく
なにのほうは
いずれなにして
よって一部のだいこん役者に棒読みされてもいっこうかまわない
きょくたんにいえばこの映画の台詞は「ぜんぶ棒」でかまわない
風立ちぬの主演声優がひとりで台本読んでもあまりかわらないだろう


(続く)





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。