銀花翠葉

アニメの感想ブログです(更新は終了しました)

Entries



(メモ)

もしかしてこれは良い映画かも?
と最初におもったのはモフルンが悪者に連れ去られて
みらいが一人で捜しにいく
すごくやつれた顔で飛んでいるみらい
が箒から落ちそうになる
のを助けにくるリコ
そのへんのシーンで開眼

リコがみらいをたすけるのを
ずーっと長いロングショットでうつしている(記憶によれば)
はーちゃんも来て三人になって元気をとりもどす…
そのあたりを美しいと感じた

ふりかえればその前の
大魔法フェスティバルのいろんな催し物
はーちゃんサーカスと白いドラゴン
くまさんズと遊ぶモフルン
植物の国?てきなところ
ぜんぶおもしろいというか遊び感覚をわすれてない
たのしいアニメだった

映画全体として絵作りがよい
美術設定もおもしろい
ところどころ特別な色づかいもうつくしい
要所要所で決まるロングショット
巧緻な画面
抑制のきいた演出
(お、おおげさ?)

キュアモフルン爆誕で盛り上がった
そのあとの泣かせは多少くどいと感じるけど
ミラクルライトの使いどころだしそういうお約束のアニメだし
ラストバトルはなぜか分身?してオールスターズになる(笑
バトルはさすがによい
ありったけ何でもつめこんだかんじ
この種のアニメ表現の集大成てきなものを見せてもらえるような

難点といえば
お腹いっぱいいっぱいすぎることとか
「君の名は」ばりに歌流しすぎなこととか
それくらいだけど
欠点ともいえない
蛇足:みらいとクマタの声の演技よかったような気がする


・ソフトが出たらもう一度くらい見たい映画である
・たかがプリ×ュアとあなどるなかれ名作映画である
・この映画を観たことは2016年の収穫である(わりとマヂ)


(付記)
去年のプリンセス×リキュアの映画は三本立てで
EDのCGキャラによる「レフィ(略)」がいちばんの目玉だった
今年はそのCG版がなかったけど
次の三月の映画「ドリームスターズ」はCGメインになるってことかな?
どうなのだろう…





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR