FC2ブログ

銀花翠葉

アニメの感想ブログです(更新は終了しました)

Entries

星色よりもゆるいスタート小泉さん△



ラーメン大好き小泉さんを見てると時間が飛ぶように過ぎていく。
小泉さんはクールにして寡黙、
ありあまるウンチクは最小限に抑え、
どんぶりを前にしては一切躊躇しない。
ひたすら潔くすすり、くらい、かっこみ、のみほす、その勇姿に、
男女を問わずファンが続出しているというではないか。
日本の政治はいったいどうなっているのか!?


わけあって高一な主人公がおそるおそる初登校、
だけどすぐに仲良しの友達ができて温かなスクールライフがスタート…
って何だそのユメものがたりは!
昨今の国際情勢の逼迫や山積する国内問題をかえりみれば、
「しあわせは、ゆっくりはじまる。」
などとぶっこいていられる余裕がどこにあるのかと問いたい!
これが小泉改革とゆとり教育とおまかせ民主主義のもたらした結果なのか?!


ゆるかわにゆるキャラにゆるキャン、何でもゆるいのがはやるご時勢だが、
ゆるいにも限度がある。
寒さ厳しい時期の山間部をろくに装備も持たずにうろついた挙句、
平気で野外でねむりこけている女の子を見たときはさすがに恐れ入った。
たまたま志摩リンが来なかったら彼女はどうなっていたことか?
この国の危機管理の甘さ、国防意識の希薄さをこの上なく物語っているといえよう!


女子四人が南極をめざす冒険の旅に出る。
ひさびさに志の高い、あっぱれ日本女性の快挙か、と思って見てはみたが、
そもそもなぜ南極へ行きたいのだろう。
報瀬には一応具体的な動機があるといえるが、
ほかはごくあいまいな理由で便乗しただけのようにも見える。
「青春、する。」
高二になったのにまだ何もしてないってことに気づいたとさ。
だから何かしたい。ようするに、何でもいいということだ。
何のことはない。「南極」は何となく青春するためのネタに使われただけだ。
それなら歌舞伎町で鬼ごっこして補導されれば充分だ!
こんなことでは日本の将来が思いやられる!


この国は今、
有史以来の最大の岐路に立たされているのではないだろうか?
あえていおう、日本はすでにポプテピピック化していると!
とびっきりのクソ国家! それが日本!
世界一無駄な一億二千万人! それが日本人!


かるがゆえに余は結論する、
この国の現状は、もはや改革ではなく革命を必要としていると。
しかり、革命である。
ゆえに諸君、覚悟しなくてはならない。
世に血の流れなかった革命はない。
革命には犠牲がつきものだ。歴史がそれを証明している。
しかし諸君、余は約束しよう!
余は一億総ボブネミミッミ社会となったこの日本に、
いまいちど大国としての価値と誇りを取り戻させるために、
いかなる犠牲も、いかなる出血をもいとわず、「革命」を断行すると!


ゆえに!!


ていうか、
スロウスタート見ないと死んじゃう…





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

芥子

Author:芥子

最新記事

カテゴリ

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR